1. TOP
  2.  ›  
  3. 美術館巡り
  4.  ›  
  5. イズマイル・バリーの個展。またやらないかなー

イズマイル・バリーの個展。またやらないかなー

公開日: カテゴリ:美術館巡り

イズマイル・バリーの「みえないかかわり」代表作

この記事は約1分60秒で読めます。

2019年 11月 21日に他の個展と一緒に見た、イズマイル・バリーの「みえないかかわり」in銀座メゾンエルメス フォーラム

もう一度見たい

かなり昔に見た個展だけど、美術館巡りをスタートした頃に見た個展で、自分でもわかりやすい表現の仕方でかつ表現方法もわかりやすくおもしろみのあるものだったと記憶しています。

下記引用

どうやったら手首の脈拍を見ることができるだろうか。通常、脈拍は手首の動脈に指で触れることによって測られる。だが、それは触覚的に測定しているのであって、目で見て認識するのとは異なる。《線》という映像作品においてイズマイル・バリーはこの困難な問いに対して、手首の動脈の上に水滴を置けばよいと解答するだろう。こうすることで、脈拍に呼応した水滴の震えを通して脈拍を間接的に見ることが可能となるのである。

https://bijutsutecho.com/magazine/review/21255

うん。わかりやすい。

下の画像が自分が個展を見に行ったとき撮影したもの。

動画だったんだけど、合成したのか妙にドクドク動いてたのが印象的でした。

全体的に印象的だったのは光の扱い方

光の扱い方、グラデーションになんか「あ、こういう風にやればいいんだ」とインスピレーション?を受けました。

展覧会の空間演出も凝っており、かなり暗がりだったり明るい場所だったり行き来ができるんだと思ったら、その2つは紐付いていたりと見ごたえがありました。

イズマイル・バリーさんはパリとかで活動をしているみたい。
どんな活動をしてるんだろう。
美術手帖の紹介文には「ドローイングやサウンドなどさまざまな形態の作品を発表」とあったが、どんなサウンドを発しているんだろう。
音も触る自分には気になる。。

合わせて読みたい「美術館巡り」の記事

記事タイトルとURLをコピーする

美術館巡り」の関連記事

Walls & Bridges 世界にふれる、世界を生きる

【美術館巡りが趣味】Walls & Brid...

この日も晴天。だいたい美術館をめぐる日は天気がよい。仕事の休みの日は決まっているので、天気が良いのは運がついている感じがする。 クロスバイクで美術館巡り。はい。美術館巡りが...

続きを読む

IMG_20210609_083330_079

美術館巡り 2021/06/10

雰囲気が好きな美術館。江東区の東京都現代美術館in木場公園にやってきました。 ライゾマティクス_マルティプレックス このライゾマさんはビョークとかアーティスト...

続きを読む

sIMG20210303113154

美術館巡り 2020年3月 ~佐藤可士和展と...

1日で6個のアート展に行ってきました。今回も晴天で気分良く美術館を回れたのですが疲れた。。膝痛もしだして、もうそういう歳なのと思いすこしショック。あと、情報の確認ミスで美術館がコ...

続きを読む

sIMG20210126145928-min

美術館 アート巡り 2020年1月

平均月一回見にいけるかいけないかの美術館巡り。ちょっと感想も含めまとめてみました。 いまのところ天気の良い日に恵まれている美術館巡りですが、この日も晴天に恵まれて楽しく美術...

続きを読む

コメントを入力

なんでもコメントください。
※メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。