美術館巡り

  1. トップ
  2.  ›  
  3. 美術館巡り
  4.  ›  
  5. 美術館巡り 2021/06/10

美術館巡り

美術館巡り 2021/06/10

公開日: 最終更新日:

IMG_20210609_083330_079

この記事は約1分27秒で読めます。

観に行った日:2021年06月10日

雰囲気が好きな美術館。江東区の東京都現代美術館in木場公園にやってきました。

ライゾマティクス_マルティプレックス

このライゾマさんはビョークとかアーティストとコラボもしたりするアートな人です。

なぜこれを見に来ようとしたかというと、最新のテクノロジーを使ったアート感銘をうけたからです。

例えばこの写真

やばくないですか?
こういうテクノロジーに敏感な方は見たいとおもったはず。
絶対にみたほうが良いと思います。

しかし、今回の展示他のアーティストの方と比べると展示数が少なめ。そこが若干消化不良を起こしてしまいましたが、一つ一つ見ごたえはありました。

テクノロージもすごいのですが、この方はご自身で工作みたいこともしており、そこまで視点がいってなかったので、驚きました。

細かい手の混んだ細部まで自分達で作り込むこともされているのですね。

今回のライゾマさんのインスピレーションは、前々から思っていたことですが、最新のテクノロジーの組み合わせで、あおもしろい見せ方や、見に来た方を驚かせる事ができることを再認識。あと組み合わせの問題。

GOMA展 in恵比寿 「意識はどこからくるのか?」

場所は以前職場があった恵比寿。
普段通っていた道少し奥に進むとこんなところにアートスペースが。

こじんまりとした空間にGOMAさんのアートが飾ってありました。

GOMAさんは自分が大好きなバンドの「GOMA & The Jungle Rhythm Section」で、ディジュリドゥを担当してます。

フェスで聞いて圧倒的なディジュリドゥの音の存在感。プラス、原始的なリズムで踊りたくなるリズム隊のアプローチが大好きなバンド。

そんな音楽性が大好きでGOMAさんの展示を見にいったのですが、なんと展示場でGOMAさん本人が接客しているじゃないですか。
ちなみにお手伝いの方?奥様?もいらっしゃいました。

これに驚き緊張してGOMAアートの雰囲気を存分に味わえなかったのですがw

とりあえず、Tシャツを購入しました(笑)

購入時にGOMAさんが気さくにお声がけ頂いて、少し話すこともできました。その際に自分の曲が入っているデモCDを渡したのは内緒のハナシw

CD渡した際にアンビエントの話になり緊張のあまり全然言葉を返すことができず、あとずさりしながら展示場を退出したのはイイ思い出(笑)

デモCD聞いてくれたかな?

GOMAさんと話をした際に、次回はもっとGOMAアートに色をつけた覚醒していく感じをテーマに展示物をかざると言ってたので、次のも見に行きたいと思います。

観てきたアーティスト

  • ライゾマティクス
  • GOMA

今回観に行った展覧会情報

■ライゾマティクス_マルティプレックス
会期:2021年3月20日〜6月20日会場:東京都現代美術館住所:東京都江東区三好4-1-1電話番号:03-5777-8600(ハローダイヤル)開館時間:10:00〜18:00休館日:月(5月3日は開館)、5月6日料金:一般 1500円 / 大学生 900円 / 中高生 500円※予約優先チケットあり

■マーク・マンダース —マーク・マンダースの不在会期
2021年3月20日(土)〜6月20日(日)開催まであと51日開館時間 10:00~18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)料金 一般 1,500円 / 大学生・専門学校生・65歳以上 1,000円 / 中高生 600円 / 小学生以下無料※ 本チケットでMOTコレクションもご覧いただけます。※ 小学生以下のお客様は保護者の同伴が必要です。※ 身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付添いの方(2名まで)は無料になります。※ 予約優先チケットあり
休館日 月曜日(5月3日は開館)、5月6日公式サイト https://www.mot-art-museum.jp/ 会場 東京都現代美術館住所 〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1 03-5777-8600(ハローダイヤル)

■GOMA展 後期6/22〜7/11「意識はどこからくるのか?」
会期:2021年6月4日→7月11日 入場無料
会場:ACM Gallery  東京都渋谷区恵比寿西1−4−11 福隆ビル1F
時間:午後12:00から午後8時まで。最終日は16:00閉場。ただし、6/21は展示替えのため休廊

運営サイト

合わせて読みたい「美術館巡り」の記事

この記事を書いた人

KURAMU

2019年にクリスチャン・ボルタンスキーの展覧を見に行き、そこからアートな人たちを見にいくようになりました。ゴッホのよさが最近わかった人です。 アンビエント音楽を作ったり変な写真を撮ったりしています。

  • SoundCloud
  • ツイッター
  • You Tube
  • Instagram
  • rss
  • note

kuramuのロゴ

記事タイトルとURLをコピーする

美術館巡り」の関連記事

名和晃平「TORNSCAPE」等。美術館巡り

だんだんと寒くなってきて、美術館巡りをクロスバイクで廻るのも億劫になってきました。。 今回は、そんな感じなので普段より少なめに美術館巡り。 名和晃平「TORNSCAP...

続きを読む

ゴッホ展の写真

ゴッホを上野で観た【美術館巡り】

昔からよくお名前は聞いているゴッホを楽しみに美術館巡りをしました。今回もクロスバイクで東京の街を徘徊。 ゴッホ展 ゴッホ展の写真 今回ゴッホを見たいなと思ったキ...

続きを読む

美術館巡り~諸星大二郎展 異界への扉など

2021年10月14日の美術館巡りこの日は、仲が良い友人と巡った。自分は1日で何箇所も巡るので、それについてこれるか不安だったが、楽しんでくれたみたい。友人は「アナザーエナジー展...

続きを読む

【美術館をめぐる】横尾忠則とマーク・マンダー...

2021年7月21日の美術館巡り。この日は、クロスバイクで行き慣れた東京都現代美術館へ。 「GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?」 いやー、チラシと...

続きを読む

コメントを入力

なんでもコメントください。
※メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA