1. TOP
  2.  ›  
  3. 美術館巡り
  4.  ›  
  5. 【美術館巡り】あしたのひかり 日本の新進作家 vol.17

【美術館巡り】あしたのひかり 日本の新進作家 vol.17

公開日: カテゴリ:美術館巡り

あしたのひかり

この記事は約2分31秒で読めます。

あしたのひかり 日本の新進作家 vol.17

最近、ほぼ自分の直感で作品を観ていると思ったので、
もう少し作品やイベントのテーマを知ってみようと思った今日このごろ。

岩根愛、赤鹿麻耶、菱田雄介、原久路&林ナツミ、鈴木麻弓の方々が参加している「あしたのひかり 日本の新進作家 vol.17」
結構見応えがあり、特に個人的に気になったのは赤鹿麻耶さんの「氷の国」と岩根愛さんの「あたらしい川」

赤鹿麻耶さんの「氷の国」


いやねー独特な世界観で夢の中のようでした。
独特な音階の音声も流れており、それが更にイマジネーションを刺激します。

やっぱり、視覚からきてから音の要素も加わると世界観が確定されますね!
音楽LIVEも視覚から音まで体験できますが、今回のようにイマジネーションは掻き立てられないですね。。
たまに掻き立てられる音楽アーティストのLIVEもありますが、、
目で自身と同じ人間をリアルに見るよりも、もっと抽象的なモノを目で観て音を聴く感じが心地よいです。

プロセスも含めると世界観伝わりやすいし、作り手にも刺激になります。

創作メモの写真

これからも、赤鹿麻耶さんの情報を追っかけていきます。
情報追っかけるのにGoogleアラートが便利。
詳しくはGoogleから「Googleアラート 使い方」と検索してください(笑)

岩根愛さんの「あたらしい川」

写真に民俗的なモノを感じて調べてみると、ハワイにボンダンスと呼ばれる盆踊りがあり、それを写真で岩根愛さんは撮りつづけたとのこと。
その音楽?「フクシマオンド」の元が日本の福島県浜通りに伝わる「相馬盆踊唄」にあるみたいで、なんかワクワクしてしまいますね。
時間を超えて変貌の様も興味あるし。

もっと、過去を知りたくて調べたのが下記。

福島からハワイへの移民のことだけでなく、江戸時代、天明の飢饉のときに、双葉町のある浜通りへ、富山から多くの人が移住した話は、彼らを追いかけるなかで知ったことです。

https://www.kateigaho.com/love/40573/3/

おおー!更にワクワク。

岩根愛さんの情報も追っかけていこう。

【まとめ】あしたのひかり 日本の新進作家 vol.17

写真って最近カメラ買って始めたばかりで、イロイロ吸収している?のですが、撮る、撮り続けるテーマを探してて、今回のイベントは皆さん自身の人生で感じたテーマを繋げて撮り続けているのに気づきました。

アートとか写真の響きって自然な形?で自分に寄り添うというイメージがなかったもので、、
もっと、破天荒というか思いつきというか、そんな感じじゃないのかな?と思っていました。

まあ、そういうのもあるしアリだと思いますが、、
そんな感じに見えてもテーマは存在しているっていうことで

合わせて読みたい「美術館巡り」の記事

記事タイトルとURLをコピーする

美術館巡り」の関連記事

美術館巡り~諸星大二郎展 異界への扉など

2021年10月14日の美術館巡りこの日は、仲が良い友人と巡った。自分は1日で何箇所も巡るので、それについてこれるか不安だったが、楽しんでくれたみたい。友人は「アナザーエナジー展...

続きを読む

【美術館をめぐる】横尾忠則とマーク・マンダー...

2021年7月21日の美術館巡り。この日は、クロスバイクで行き慣れた東京都現代美術館へ。 「GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?」 いやー、チラシと...

続きを読む

2021年7月6日の美術館巡り 篠山紀信とG...

今回の美術館巡り、朝にクロスバイクで20キロ走って、昼からめぐったんだけど、心地の良い疲労感があって新鮮な気持ちで美術館巡りができました(笑) ルネ・ラリック リミックスー...

続きを読む

Walls & Bridges 世界にふれる、世界を生きる

【美術館巡りが趣味】Walls & Brid...

この日も晴天。だいたい美術館をめぐる日は天気がよい。仕事の休みの日は決まっているので、天気が良いのは運がついている感じがする。 クロスバイクで美術館巡り。はい。美術館巡りが...

続きを読む

コメントを入力

なんでもコメントください。
※メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。