1. 多数のグラスサウンドスピーカーで流れる蓮沼執太フルフィルの音楽を聴きに行った話し

多数のグラスサウンドスピーカーで流れる蓮沼執太フルフィルの音楽を聴きに行った話し

 アート

バレエとそこに流れた音楽を聞いた流れで、アートという言葉が気になり最近ははっきりと興味がでてきました。

そして、昔から変なことをするのが好きな人間だったと自身を思い出し、それをこれからも続けて、過去の培ってきた事もミックスさせて、表現しようとこのサイトを立ち上げることになりました。

 

そうなって、初めて自分の意志で見たい、体験したいと思い足を運んだアートイベント。
 
それが、こちら

 

smacap_Bright

『「windandwindows|ウインドアンドウインドウズ」蓮沼執太フルフィル×Ginza Sony Park』

イベント情報はこちら

2019年7月24日(水)~9月1日(日)
会場:東京都 Ginza Sony Park B3
時間:10:00~20:00
料金:無料

今回の蓮沼執太フルフィルの曲『windandwindows|ウインドアンドウインドウズ』 について

よくタブラ奏者のユザーンさんと一緒にやられている印象。

音楽的にはすごく透明感を感じる。

このフルフィル、オーディションがあるみたいね。ラッパーの環ROYもいたりしする。

今回のイベントで編曲した曲、心地よい。

なんかのインタビューアーさんが多幸感がある音楽とゆうてたがよくわかる気がする。

たまに無音になる瞬間があり、会場も静まる。その後に徐々に楽器パートが追加される。

会場について

銀座。銀座は特別な思い出がある。

Ginza Sony Park B3。地下三階なのだが地下鉄と直結でソニーパークの建物に入れるので、エレベーターを使い地下三階に行けば、すぐそこは少し違和感のある風景が広がる空間。

なんといっても、40畳ぐらいの広さに、意味有り気な位置にガラスすぐとなりに駐車場があり、グラススピーカーが不規則に配置された会場。

音場的に意味があるグラスサウンドスピーカーの配置なんだろうけど、聞く時のスタイルは椅子に座るスタイル。グラスサウンドスピーカーはかなり低い位置に置いてある。斜め上から音が耳に届くような感じ。

耳の位置にスピーカーを置かなくて大丈夫だろうか??

聞く場所によって雰囲気がかわる

会場のグラスサウンドスピーカー周りに人ひとりや二人が座れる椅子が置いてある。基本的にそこに座り音を聞くのだが、任意の場所に置いてあるのをみると、訪れた人に聞かせたい音の場がこの椅子の場所なんだろうなーと思う。

一つの楽器ずつ、それを流すスピーカーがあるので、間近で演奏をしてくれている感じもするのだが、

それと当時に、違和感がある。

その違和感は、曲の透明さもあいまって、各楽器の音の分離が良すぎる。これが良すぎるとこの世の中では再現できない音の塊になるので、それが違和感として感じられた。

その違和感が今回の楽しみと心地よさの真髄な感じがする。

ぜひ見に行ってみてください。
音の聞こえ方に新しい発見があるかもしれないです~

 

 

合わせて読みたい記事

アートの関連記事

【はじめての美術館】クリスチャン・ボルタンス...

最近はとりあえずいろんなアートに触れていこうと情報をあさっているトコロです。 その中で見つけた「クリスチャンボルタンス...

続きを読む

【感想】「ROOF TOP ORCHESTR...

アートというものを意識し始めて、今回で二回目の音と環境のアートイベントに行ってきました。 今回のイベントはたまたま「美術...

続きを読む