1. TOP
  2.   ›  
  3. 音楽生活
  4.   ›  
  5. 音楽と疑問
  6.   ›  
  7. 音楽とドラック

音楽とドラック

公開日: 最終更新日: カテゴリ:音楽と疑問

この記事は約1分51秒で読めます。

最近は残念なことにアーティストの方が捕まってしまうことが増えた気がします。
この記事は管理人の個人的な思いですが、、

音楽とドラックは切って切れない関係

もあると思います。
管理人は若い時からロックを聞き始め、時代を遡り戦前の黒人のブルースを聞き、ロックンロールを知り、そこから更に新しい時代へと聞き遡った経験があります。

その中で、ウッドストックの映像を中学生の時見てジミヘンやザ・フー、ジャニス・ジョップリン、テン・イヤーズ・アフターなどなど衝撃をうけて、偉人達の自伝を読み漁りました。

もうね、時代が時代といったらアレですが、、
音楽とドラックの関係はしょうがないとも思うんですよね。

けど、管理人の経験からいうと音楽を作るのにドラックは決して必須ではない。当たり前ですが、、(笑)

今でも普通にボブ・マーリーは広い意味で宗教的な意味合いもあるとは思いますが、ポスターではマリファナをたゆらせていて、DUBを聞くとあきらかに微かにいろんな音がミックスダウンされています。
ジャミロクワイは一時期スピード(覚せい剤)中毒者で、ハイパーなサウンドを作るための恩恵をそれでうけている部分もあると思います。

確かに巷でいうところのドラックという物は、音楽を作る人に貢献してきた部分があります。

一旦結論?

もうね、ヒップホップもロックも当たり前だけど、音聞いてその人がロックと思えばロックだしヒップホップだと思えばヒップホップなんです。最高の音楽なんですよ。

その最高の音楽の前では逆にドラックなんて副産物だとも思っちゃうぐらい。

 

合わせて読みたい「音楽と疑問」の記事

管理人は音楽を作っています

ぜひ聴いてください。※SoundCloudのリンク

楽曲一覧へ

音楽生活」の関連記事

kuramuのLIVE情報など

kuramu 1st

KURAMU 1st「archive」発表

ECサイトの勉強のため、ペイパルで支払い完了できるシステムを、プラグインで作ってみましたた。 記念に、KURAMUの1stデータ音源。 購入してもよいよっていう方がいましたら、...

続きを読む

音楽と疑問

2016年のフジロック レッチリ前のベン・ハーパー

【2019】レッチリがサマソニに来るが、、

サマソニにレッチリがくるよー!! さて、どんな想いでアンソニーは日本に来るのでしょうか? フジロック2016のレッチリ これわたくし見に行きました! これが自分史初めての生レッチ...

続きを読む

音楽と疑問

吉川晃司とブライアンセッツァーとエルヴィスプ...

管理者の中学校時代 管理人の中学校時代は、ブライアンセッツァーがギターを弾いている「Stray Cats(ストレイキャット)」がかなり大好きでした。 もちろんギターもコピーしたし、...

続きを読む

音楽とツール

廃盤のオムニバスCD「LEMONed(レモネ...

「LEMONed(レモネード)」は廃盤だがTSUTAYAで借りることができる! TSUTAYA DISCASで借りれる事を知った時はかなり自分の中で盛り上がったなー 「LEMONe...

続きを読む

エフェクター

まとまりのある歪みを再現!歪みエフェクターB...

BLACK STAR(ブラックスター)とは ハイゲインな歪みを実現するギター・エフェクターで真空管内蔵。 その名はBLACKSTARの「HT-DUAL」!! オーバードライブとディ...

続きを読む

記事タイトルとURLをコピーする

コメントを入力

なんでもコメントください。
※メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。