1. > エフェクター >
  2. 歪みエフェクターの試奏の際に必ずチェックしたい1つの事

歪みエフェクターの試奏の際に必ずチェックしたい1つの事

2018/11/17

歪みエフェクターの試奏を結構していると、自分自身の使える使えないのチェックポイントがある程度決まってきたりします。
その中で、管理人が絶対にかかせない歪みエフェクターのチェックポイントのお話をします。

それは、、

Gt側のボリュームを絞った状態の音

ズバリこれ、歪みエフェクターの質を調べるのにすごく重要だと管理人は思います。

まあ、自分自身がGtのボリュームを絞った状態で弾く事が多々あるからですが、、

ダメな音はボリュームを絞った状態で、弾くと音の輪郭となんというか、デジタルの解像度が低くなった感じになると、そこで自分はもうそのエフェクターの熱が冷めてしまいます。
また、音の線が細くなる、などがあると思います。

逆に良い感じの状態の場合は、ハイフレットでのチョーキングに伸びがあったり、歪みの音がそのまま歪成分がなくなってギター本来の生音に近い状態になったりします。

また、マルチエフェクターの歪みの場合、安い値段のマルチだとほとんどが音がペラペラもしくはちょっと電子音的なものになってしまいます。
管理人の経験上、マルチエフェクターの場合は高価なものや真空管内臓のタイプが質が良いと思います。

一度自分の持っている歪みエフェクターで、Gt側のボリュームを絞って弾いてみたらどんな感じになるか試してみると楽しいかもしれないですね。

ギター側のボリューム上げ下げの変化が気持ちいい

これ、結構わかる人多いのでは?

管理人自身が活動してた全盛期はアマチュアだからわからないですが、LIVEにあまりラックシステムのエフェクターなど持ち込んでいるバンドマンはいなかったような気がします。
ましてはマルチエフェクターなんて。。(その後管理人はマルチエフェクターにはまってた時期もありましたが)

当時はグランジも人気で、音楽のジャンル的に楽曲の「静」と「動」をうまく使った楽曲の構成がはやってたような気がします。
その際にギターも同じような強弱をギター側のボリュームで調整して作り出すのがギターの真骨頂とさえ思っていました(笑)
その際の小さなボリュームから大きなボリュームの歪みの音に移行する変化が管理人は気持ちよかったんですよねー

Gt側のボリュームを絞った音の好みや感じ方は人それぞれ

結局のところ、Gt側のボリュームを絞った状態の音がその人がどう感じるかという部分で、やっている音楽、演奏スタイルなどにもかかわってくるので、OKだったらOKだと思います。

 

 

エフェクターの関連記事

エフェクター

まとまりのある歪みを再現!歪みエフェクターB...

BLACK STAR(ブラックスター)とは [adsense] ハイゲインな歪みを実現するギター・エフェクターで真空...

続きを読む