1. > 演奏スタイル >
  2. ライブをDTM(DAW)使って、どういうスタイルで演るか?

ライブをDTM(DAW)使って、どういうスタイルで演るか?

2018/11/17

この前、友人のイベントに誘われ都内某所ライブハウスにてピンでノートパソコンや機材を使ったライブをしました。
その際、思ったことや今後の管理人のライブスタイルをいろいろ考察。。

まず、

今回のDTMでライブをした反省点

  • ライブパフォーマンス的にあまり動きがなかった
  • 楽曲をライブで流しただけに見られてた可能性も
  • 曲間でかなり沈黙が続いた

まあ他にもイロイロありますが、、

そして、今の管理人の考えでまずやりたくない事をまとめました。

DTMでパソコン使ってピンでライブする時にやりたくない事

こういうのは、とりあえず自分自身がしたくないことを先に決めていった方がスッキリするという事を、仕事の効率化を学んだ時に覚えました。

オケのような扱いで、音源流しっぱLIVEはしたくない。

DTM(DAW)ライブでは今後ギターを弾いていこうかと思っています。
よく、エレキギター一本と音源(オケ)流して、そのまんまライブをしている方がいらっしゃいますが、
スティーヴ・ヴァイ並のテクニックもない管理人はギター一本でライブはできないと思っているので、音源(オケ)流しっぱでのライブはできないし、したくないのです。

ギターとかをルーパーで音重ねて曲を構築したくない

管理人はあくまで、家でコツコツ引き篭もって作ったそのままの作った完成度の曲を基本としていきたいと思っているので、ギターにまで音を重ねたりして、その場のリアルタイム感などは特に考えてないのです。

というか、管理人は不器用なもんで、そんな器用な操作はできないと、、
ちょこっとルーバー使うかもしれないけど、、

OK、OK
では、、

DTM使ったライブのパフォーマンスや演奏をどうするか?

管理人の場合、考えたのが、

  • 歌を唄います
  • ギターを弾きます
  • ベースの音源をパラアウトでベースアンプに突っ込む※実験的要素が多すぎる?!

打ち込みだけではなくて歌を歌います。
しかもギターを弾きながら、過去に長い間バンドでギターを弾いていました。
なので、作曲時頭の中で鳴るギターを自分でライブで弾けば良いーじゃん!
そうしたら、多少動きもでてライブ感もでてくるんじゃないのかなーって

そして、間奏やイントロ、アウトロで機材をいじっていくというスタイルがいいんじゃないのかなーって、思っている今日このごろです。

今後のDTMでライブをする機材について

ライブには「ableton live」を「Push」というMIDIコントローラー的なものを使ってイジイジしていましたが、「Push」いらないんじゃないのかな?と思ってきました。
その分、歌とギターに専念するという形です。

ミキサー機能に重点をおいた「ableton live」用のMIDIミキサーも使っていたので、こいつでのみ使用するとか、
けど、「Push」はシーンの切り替えがリアルタイムできるので、必須といえば必須なんですよね。。
まあ、こちらはよくよく考えるとして、、

ギターの機材をガッツリ導入します。

  • VOXのワウ
  • ブラック・スターの本格派歪みエフェクター
  • TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック ) / NOVA SYSTEM(ノヴァシステム) のマルチエフェクター※空間系に使います
  • BOSSの「RC-30」ルーパー
  • BOSSのディレイ?

とりあえず、これで挑みます!

なんか、手段の方ばかり目立ちますがそんな事は気にしない(笑)
手段に合わせて曲をつくるべし!(笑)

ちなみにライブハウスでDTMして動かすPCはMacに限ります

ノートタイプのMacBook Proを使っていますが、SSDのおかげか動作が安定しています。

かなり昔バンドをしていた時に、WindowsノートでLIVEをやったことがありますが、恐らく大音量の振動でHDDが動いてしまい、なんと、ライブ中に再起動がかかり、Windows特有のあの再起動音がライブハウスしかも本番中に鳴った過去があるので、、

とりあえず、そんなこんなで家とか実際のライブする時のDTM環境を整えないとなー

演奏スタイルの関連記事

演奏スタイル

1人ライブをDTM(DAW)使って演奏する、...

2018/09/09にライブをしました。そう一人で! ライブでは、オケをPCで流して、ギターと歌を自分はやりました。 ...

続きを読む