1. WordPressのエラーの原因を効率的に調べる方法

WordPressのエラーの原因を効率的に調べる方法

公開日:  カテゴリ:WEB制作の疑問

この記事は約1分16秒で読めます。

主にプラグイン関連のエラーを探す時に使える方法です。

WordPressのエラー

様々なタイプのエラーがあります。
例えば、プラグインを更新したタイミングで真っ白な画面になってしまったり、何もせずとも真っ白な画面になってしまっていたり、WordPressの更新で何かしらエラーになってしまったり、
wordpressの「プラグインを追加」でエラー、wordpressのプラグインをアップデートしてエラーなどなど、、

エラーの確認方法は少し強引

プラグインがエラー原因かを調べるため、一気にプラグインを素早く停止状態にしてエラーの確認をしたくないですか?

その方法は、すこし強引ですが、FTPサーバにログインして、「plugin」フォルダの名前をハイフンなどでリネームします。
そうすることによって、強制的にwordpressサイトのプラグインが停止状態になります。
停止状態になったら、エラーの部分が発生してるか発生してないか確認して、プラグインがエラーの原因なのか確認ができます。

エラーの原因がプラグインだった場合

要するに、「plugin」フォルダをリネームしたらエラーが直った場合は、
WordPressのプラグインがエラーを引き起こしている可能性がかなり高いです。

その場合、一つごとプラグインを停止にしてエラーが起きてるか起きてないか調査をしないといけないのです。

WordPressのプラグインのエラーはフォルダをリネーム

それを効率化するために、再度フォルダのリネームを行います。

今回はどこのフォルダをリネームするのかというと、プラグインフォルダ内にある各プラグインのフォルダをリネームしていきます。

プラグインの各フォルダをリネームしては、エラーを確認して、エラーが治らなかったら、リネームしたフォルダを正しいフォルダ名に戻して、、

という作業の繰り返しで、どのプラグインがエラーを発生しているかを確認していきます。

プラグインのエラーの究明

WordPressの管理画面でプラグインの「停止」と「有効化」を繰り返しするよりかは、効率的にエラーを発見できるんじゃないのかな?と思います。

ぜひ、画面が真っ白になったりなどエラーが発生した時に、お試しになってください。

合わせて読みたい「WordPress」の記事

WEB制作の疑問」の関連記事

ツール
SEO対策・アクセスUP

【困った】AMPのエラーでアクセスが激減り

現在、WordPressでサイトを運営しております。 もちろんAMP対応もプラグイン任せ! コーダー上がりのWEB担当者の仕事をしている身としては、自作のAMPテンプレートを作りた...

続きを読む

WordPress

WordPressの「リカバリーモード」は制...

WordPressで真っ白な画面になって焦ったことはないですか? リカバリーモードとは ・ユーザーは「このサイトは現在技術的な問題が発生しています」という画面を見ることにな...

続きを読む

ツール

Bracketsをバージョンアップしてから、...

Bracketsが起動しない。。 [adsense] 今回、Adobe Bracketsを更新したのですが、起動せず、、 その前にやった事といえば、Adobe Bracket...

続きを読む

コーディング

jQuery aタグをクリック後、ページ遷移...

triggerで発火させます。 $('#hoge').trigger('click'); ページにユニークのclassをbodyタグなどに忍ばせる [adsense] んで...

続きを読む

コメントを入力

なんでもコメントください。
※メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。