1. TOP
  2.  ›  
  3. WEB制作の疑問
  4.  ›  
  5. WordPress
  6.  ›  
  7. WordPressの「リカバリーモード」は制作会社にとって良いニュース

WordPressの「リカバリーモード」は制作会社にとって良いニュース

公開日: 最終更新日: カテゴリ:WEB制作の疑問

この記事は約1分58秒で読めます。

WordPressで真っ白な画面になって焦ったことはないですか?

リカバリーモードとは

・ユーザーは「このサイトは現在技術的な問題が発生しています」という画面を見ることになる。twitterのクジラ画面のようなもの。
・管理者に対し、エラーが起きた旨を報告するメールが送信される。
・メールにはシークレットリンクが添付されており、そのリンクから「リカバリーモード」でWordPressの管理画面に入ることができる。そのユーザーに対してだけ、問題のあるプラグインなりテーマなりが停止されている。
・サイトの修正なり、問題の報告なりをした上で、プラグイン・テーマを停止するか使用するかを決定する。

引用元URL
https://capitalp.jp/2019/04/17/wordpress-5-2-will-be-shipped-with-recovery-mode/

要するに、WordPressで構築したサイトがプログラミングのミスや間違いなどで致命的なエラーが発生し真っ白な画面になった場合の対応策がとられたみたい。

WEB制作会社には安心機能のリカバリーモード

致命的なエラーになったらメールでお知らせしてくれる素晴らしい機能があります。

サイトを閲覧しているユーザーが致命的なエラーに遭遇した時に、メールが送られてくるのか不明だが、技術的なエラー用のページも作成する事ができるようになるので、そのページにお問い合わせ用のメールアドレスを記載したりして、エラーの早期対応も更にするのも良い!

クライアントのメールアドレスを記載したら、クライアントに先に連絡がいってしまう可能性があるので、そこは制作会社のメールアドレスやメーリングリストのアドレスを記載したほうがよいかもしれない。

合わせて読みたい「WordPress」の記事

記事タイトルとURLをコピーする

管理人はWEBサイトを作っています

コーディング&WordPressの組み込みではや10数年。。

WEBサイト実績一覧へ

WEB制作の疑問」の関連記事

AdSense(アドセンス)

AdSense(アドセンス)の広告の表示高速...

最近、SEO対策にWEBページの表示速度も要因になったのが原因か処理速度が速いサーバーが結構料金安くレンタルできるようになったこの頃。。 サーバーの処理速度もそうですがWordP...

続きを読む

ツール

Firefox8にしてからアドオンのFire...

必須FireMobileSimulator [adsense] もう「FireMobileSimulator」は絶対に外せないって方は下記「GIGAZINE」のURL...

続きを読む

WordPress

WordPressのエラーの原因を効率的に調...

主にプラグイン関連のエラーを探す時に使える方法です。 WordPressのエラー [adsense] 様々なタイプのエラーがあります。 例えば、プラグインを更新したタイミン...

続きを読む

SEO対策・アクセスUP

【困った】AMPのエラーでアクセスが激減り

現在、WordPressでサイトを運営しております。 もちろんAMP対応もプラグイン任せ! コーダー上がりのWEB担当者の仕事をしている身としては、自作のAMPテンプレートを作りた...

続きを読む

コメントを入力

なんでもコメントください。
※メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。