1. TOP
  2.   ›  
  3. WEB制作の疑問
  4.   ›  
  5. SEO対策・アクセスUP
  6.   ›  
  7. AMPページは直帰率高め

AMPページは直帰率高め

公開日: 最終更新日: カテゴリ:SEO対策・アクセスUP

AMPページバイバイのイメージ画像

この記事は約1分57秒で読めます。

アクセス解析のGoogleAnalyticsで、直帰率がおかしくなる問題は一旦置いといて、、

WordPressのテーマでAMP化したときに注意!

ちゃんと「/amp」なり「?amp=1」なりURL打ってレイアウトを確認。

余分なコンテンツはないか?意図しない余計なブロックはないか?

AMP化するということは、新しいレイアウトになるということ

普通に考えて、元のページのレイアウトと全く違う、新しいレイアウトが現れるとしたら、レイアウトに対してデザイン再構築をしないといけないと思います。

それが、直帰率の改善にもつながると思います。

しかし、、、

<amp>タグの扱いに注意

AMPページのレイアウトの再構築の際に、関連記事を出すようにすると直帰率も改善していきます。

注意点としては<amp>タグの扱いに注意。

しっかりと<amp>に準拠しないとサーチコンソールに「重要なエラー」として表示されます。
その時は少し肝を冷やします。
schema.orgのタグを間違えて使用した場合、順位が下がる要因にもなるみたいなので、<amp>のタグの扱いにも注意したいところ。

個人的に思うこと

ページの表示速度が上がって一瞬で表示されると、その後もAMP表示速度につられるように人間は「パッパ」とすばやく考え、または動き出して、視線の動きや、他に興味がうつるスピート、頭の回転も早くなってくると思う。

なので、そういうユーザの状態に対応したコンテンツや魅せ方を少し工夫する事が必要なんじゃないのかな?
直帰率もユーザに合わせる事によって低くなると思うし、、
どないでしょうか?

合わせて読みたい「SEO対策・アクセスUP」の記事

管理人はWEBサイトを作っています

コーディング&WordPressの組み込みではや10数年。。

WEBサイト実績一覧へ

WEB制作の疑問」の関連記事

ツール

Firefox8にしてからアドオンのFire...

必須FireMobileSimulator [adsense] もう「FireMobileSimulator」は絶対に外せないって方は下記「GIGAZINE」のURL...

続きを読む

WordPress

WordPressのエラーの原因を効率的に調...

主にプラグイン関連のエラーを探す時に使える方法です。 WordPressのエラー [adsense] 様々なタイプのエラーがあります。 例えば、プラグインを更新したタイミン...

続きを読む

SEO対策・アクセスUP

【困った】AMPのエラーでアクセスが激減り

現在、WordPressでサイトを運営しております。 もちろんAMP対応もプラグイン任せ! コーダー上がりのWEB担当者の仕事をしている身としては、自作のAMPテンプレートを作りた...

続きを読む

WordPress

WordPressの「リカバリーモード」は制...

WordPressで真っ白な画面になって焦ったことはないですか? リカバリーモードとは ・ユーザーは「このサイトは現在技術的な問題が発生しています」という画面を見ることにな...

続きを読む

ツール

Bracketsをバージョンアップしてから、...

Bracketsが起動しない。。 [adsense] 今回、Adobe Bracketsを更新したのですが、起動せず、、 その前にやった事といえば、Adobe Bracket...

続きを読む

記事タイトルとURLをコピーする

コメントを入力

なんでもコメントください。
※メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。