1. TOP
  2.   ›  
  3. WEB制作の疑問
  4.   ›  
  5. コーディング
  6.   ›  
  7. レスポンシブの説明とリキッドの説明と横スクロールバーの話し

レスポンシブの説明とリキッドの説明と横スクロールバーの話し

公開日: 最終更新日: カテゴリ:WEB制作の疑問

この記事は約1分58秒で読めます。

とある自社サイトのリニューアルを進めている最近なのですが、、

サイトの完成時に、たまにある認識のズレで制作者としては当たり前でわかる部分ですが、暗黙の了解的になっている部分ってありませんか?

作ろうとしているサイトのレイアウトは、ブラウザで見た時に横スクロールでてきますか?

今回、上司が参考にしているサイトは、フルリキッドレイアウトでブレイクポイントによって、レスポンシブしているサイトを参考にしておりました。

上司がそのサイトの何が良いと思っているかという部分では、やはり横スクロールがでない、フルリキッドレイアウトで組んでいるという部分。
リキッドという言語化ができたらいいのですが、上司の説明ではわからない、、
ここで1ワナ

ブラウザの横スクロールバーの悲劇

サイトが完成してクライアントなどにお見せした時、ブラウザの横スクロールバーがでてくるとそこを急に指摘される事がありますよね。
これは、サイトの横幅と、ウィンドウの大きさによって横スクロールがでてくる事があります。
それが想定外の場合、作り直しーって、、
なるパターンも、、

こういう部分って結局、わからない人からしたら感覚的な話しになってしまい、後に変化したりしてしまうのが怖い部分ですね。
※まあ自分も少し感覚的な話し多めですが、、(笑)

よくよく上司が参考にしているサイトを見るとmax-widthを指定しておらず、どの端末の大きさでもデザインとして成り立つようにレイアウトされておりました。

しかし、うちのリニューアルしているサイトは現段階でそこまで考えておらず、max-widthなりを指定して、リキッドではあるが、ある横幅の大きさまではレイアウトが動かないように設定しました。

合わせて読みたい「コーディング」の記事

管理人はWEBサイトを作っています

コーディング&WordPressの組み込みではや10数年。。

WEBサイト実績一覧へ

WEB制作の疑問」の関連記事

ツール

Firefox8にしてからアドオンのFire...

必須FireMobileSimulator [adsense] もう「FireMobileSimulator」は絶対に外せないって方は下記「GIGAZINE」のURL...

続きを読む

WordPress

WordPressのエラーの原因を効率的に調...

主にプラグイン関連のエラーを探す時に使える方法です。 WordPressのエラー [adsense] 様々なタイプのエラーがあります。 例えば、プラグインを更新したタイミン...

続きを読む

SEO対策・アクセスUP

【困った】AMPのエラーでアクセスが激減り

現在、WordPressでサイトを運営しております。 もちろんAMP対応もプラグイン任せ! コーダー上がりのWEB担当者の仕事をしている身としては、自作のAMPテンプレートを作りた...

続きを読む

WordPress

WordPressの「リカバリーモード」は制...

WordPressで真っ白な画面になって焦ったことはないですか? リカバリーモードとは ・ユーザーは「このサイトは現在技術的な問題が発生しています」という画面を見ることにな...

続きを読む

ツール

Bracketsをバージョンアップしてから、...

Bracketsが起動しない。。 [adsense] 今回、Adobe Bracketsを更新したのですが、起動せず、、 その前にやった事といえば、Adobe Bracket...

続きを読む

記事タイトルとURLをコピーする