1. 貯金するのに適している共働き夫婦の共通口座

貯金するのに適している共働き夫婦の共通口座

公開日:  最終更新日:  カテゴリ:家計

この記事は約1分29秒で読めます。

この記事は「共通口座」について書かれた記事で、直接的には貯金というキーワードと関係ないです。
ですが、貯金という行動を忘れさせるために銀行の口座を同じものにして自動化するという大切なことが書かれてあります。
これを読めば、スムーズに貯金ができるようになるはず!

夫婦の共通口座とは?

夫婦お互いの銀行口座を別々で管理するのではなく、一つにまとめてしまうことです。
更には夫婦のクレジットカードの引き落とし先、夫婦共通の支払い、例えば家賃の引き落とし、振込や電話代金の支払い、食費のカード払いまで一緒の銀行口座でしてしまうことです。
うちも共働きの環境ですが、同じようにしています。
また、共通口座という言葉通り、銀行で夫用と妻用とでカードも2つ用意します。

結婚したら共通口座にする?

しましょう。結婚スタートのときはもちろんもっと早い段階の彼氏彼女の関係や同棲中の時期に早々にスタートしましょう。
もちろん相手と結婚しなそうな場合は無理に共通口座を持たなくとも良いです。
逆に別れてしまった時にお金の部分が複雑な話になってしまう場合があるので、、
とりあえず結婚したら共通口座を作って、早い段階から夫婦お互いの実施のお金の認識や、講座の話をすることによって、お金の話を相手としやすい土台を作っていきましょう。
こういった意味でも結婚したら共通口座にするのはおすすめします。

共通口座にする理由

共通口座にする理由として、主に共働きの環境がスムーズにいくことが多いと思います。

  • 貯金の行動が自動化されよりスムーズになる
  • 夫婦で同じ口座のカードが作れるので好きな時に引き落とせる
  • 全体のお金の流れがわかる
  • リアルにお金に関してのお互いの価値観がわかる
  • お金について話し合う土台ができる

などがあると思います。

共通口座の作り方

通常は銀行で同じ口座のカードは作れないことが多いのですが、夫婦となると話は別で、同じ口座のカードが作れるようになります。
窓口で代理人カードが欲しいと伝えれば良いと思います。

共働きで貯金するための口座名義は?

基本的に一つの口座で複数の名義を使えないので、代理人カードという扱いになります。

同棲カップルには共通口座はおすすめできません

彼氏彼女のお互いの結婚に対しての認識が一緒ではないのなら、無理に共通口座はうhくらないほうが良いと考えます。
もちろん、彼氏彼女が結婚するという共通認識なら良いのですが、万が一別れた場合に共通口座に関して様々なトラブルが発生すると思うので、同棲中のカップルには共通口座をおすすめできません。

共通口座を夫婦でする場合、おすすめの銀行

最近の銀行は、引き落とし手数料や振込手数料が月に何回か無料になるところがあります。
具体的には住信SBI銀行がおすすめです。

合わせて読みたい「家計」の記事

生活をちょっと良くする記事」の関連記事

仕事 仕事とツール

感動ジャケットをカジュアルに使うのはもったい...

セットアップの安いスーツを探している方に、ユニクロの感動ジャケット&感動パンツをオススメします! しかし、絶対に安っぽいスーツは着たくないとか、ブランド物のスーツが良いと思っている...

続きを読む

ダイエット 体のハナシ

【感想と3つのコツ】鼻からの胃カメラを無事や...

先日は健康診断でした。全体的な数値はダイエットのかいがあって、体重が減り劇的にその他の数値も改善されてました。 それはそれで良かったのですが、、 今回から胃の検査を初めての鼻からの...

続きを読む

ダイエット 体のハナシ

ダイエットしてたら色んな数値が健康診断で大幅...

つい先日会社の健康診断でした。 会社の事務さんの告知が遅くなり、結構時期外れの健康診断に、、 なんだったら、半年後にまた今期の健康診断受付がはじまるという、、 まあそんな話は置いと...

続きを読む

仕事 仕事とツール

sIMG_20190424_225257-min

洗濯機で感動ジャケットを洗うという冒険をした...

洗濯する機会がなくて一ヶ月ちょっと同じ感動ジャケット着ていたのですが、ある日雨でかなり感動ジャケットが濡れてしまって、次の日のお仕事がお休みだったので、感動ジャケットの洗濯を試して...

続きを読む

家計 暮らしと生活のネタ

【節約】図書館で本を借りる。読みたい本の管理...

なんだかんだ本代は家計を圧迫します。アマゾンとかで買う時はやはり古本が安いので、バンバン買ってしまいクレジットカードの詳細を見てビックリするみたいな。。 そんな管理人が本にはまり図...

続きを読む

記事タイトルとURLをコピーする

コメントを入力

なんでもコメントください。
※メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。